葬儀のことを相談するにはどこに行けばよいのか

葬儀は突然に必要になるものであるからこそ、普段は今一つ考えないこととなってしまっています。病気で入院をしていた祖父や祖母などであればまだ心の準備もできているでしょうが、そうではなく不幸な事故などで、亡くなるとは露とも思っていなかった人が亡くなるということもあるのです。ではそうした葬儀などの相談はどこにすればよいのかというと、これには大きく分けて三つが考えられます。まず一つ目が葬儀社への相談です。

これは最も多くの人が選ぶ方法で、亡くなったということで病院などから連絡を受けた業者がやってきて、遺体が痛んでしまう前に手続きを進めていくということになります。最終的な費用が高額になりやすいのが短所ですが、最も早く手続きを進められるというメリットはあります。次に二つ目ですが、これは仲介業者への相談です。どちらかというとこれは亡くなるよりも先に行うもので、いくつかの葬儀社と提携をしている仲介業者と相談して最適なプランを決めていくということができます。

万が一の際にはどういったプランにするか、その際にはどれくらいの費用がかかるかということを知れますから、計画的に進めていきたい人にはぴったりでしょう。そして三つ目となるのが案外見落とされがちな、各市町村窓口です。各市町村では「市民葬」と呼ばれるような特別な葬儀が行われており、費用負担が重い、費用を捻出できないというような人に対してサービスが提供されています。プランについてはかなり限られているうえに質素な式になりやすいというようなことは確かですが、価格を押さえるということで言えば高い効果がありますから、費用負担が心配なのであれば事前に確認をしてみるとよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です