葬儀社に支払う費用の相場

葬儀のときに、ほとんど全てのことを行ってくれるのが葬儀社です。御遺体の搬送、安置、通夜式、告別式、初七日、火葬、に加えて、その後のサポートをしてくれる業者もあります。葬儀社に支払う費用の相場は、日本消費者協会の調べによると平均で190万円になっています。葬儀に費用をかけたくないというケースでよく使われているのは、家族葬です。

家族葬は家族や親戚、友人までとごく狭い範囲で人を呼んで行うので、規模が小さくて費用があまりかかりません。物品やサービスを厳選したところならば、50万円くらいで搬送から火葬までサポートしてくれます。葬儀の費用は、最初に必ず見積りしてもらうことが大切です。複数の業者から比較検討して選ぶのがベターです。

大切な人を亡くしてそれどころではないかもしれませんが、日程は非常にシビアです。ぼんやりしているとあっという間に時間がなくなってしまうので、注意しましょう。もし喪主となる人が放心状態で動けないようであれば、子どもや親戚、友人、知人などがサポートしてあげることが大切です。実際、喪主が高齢の場合にはその子どもが代役で喪主のやることを行うこともあります。

この場合には喪主は名前だけ出して、挨拶などを子どもが行うことになります。業者に支払う費用は190万円が相場ですが、これに加えて寺院への心づけや料理代金、などもかかることを覚悟しておきましょう。損しないためにも、見積りは必ずとっておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です