葬儀の費用を抑える小さなお葬式

生前故人から「葬儀は簡単にして生活費の足しにして欲しい」などと頼まれる遺族も少なくありません。しかし、実際には葬儀の費用をケチると親戚や地域の人たちから後ろ指を指されかねない状況になります。しかし、それが故人の願いだったというのであれば、葬儀に大きな費用をかけない方が喜んでくれる可能性が高いです。最近では、無駄を省いて費用を抑えた、小さなお葬式を行う人たちも増えています。

物品やサービスを厳選して、一切の無駄を省いているのが特徴です。例えば、式を行わずに火葬のみ行う、通夜式を行わない一日葬、通夜式と告別式を行う家族葬、などがあります。費用はそれぞれ、20万円、35万円、50万円、くらいになります。火葬のみだと寂しいと思うかもしれませんが、高齢の方の葬儀になると、式に呼ぶ人たちがほとんどいないこともあります。

通夜式を行わないタイプは、呼べる人が少ないけれども家族で密葬形式で送ってあげたい遺族に向いています。最低限の儀式が入っているので、納得のいく式が出来ます。小さな家族葬は、家族中心で行えるのがメリットです。最近利用が増えている方式で、通夜式や告別式もしたいけれども、費用をあまりかけられない人にも向いています。

遺体の搬送、安置、通夜式、告別式、初七日、火葬、と一通りの流れが行われるので、小さな葬儀のなかでは最も納得しやすいでしょう。小さくても、心がこもった式になれば故人も喜ぶでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です