葬儀の生前契約を費用についての確認を

生前に葬儀方法や業者を決め、契約まで済ませる人が増えています。しかしそれに伴って、遺族が困った事態に陥るということも増えてきました。たとえば遺族が全くその話を聞いていなかった場合、寝耳に水名ことになります。遺族が思い描いていた葬儀とあまりにかけ離れている場合、家族はきっと悲しんでしまうことでしょう。

家族が思っている葬儀よりも本人が大規模なものを望んで困ったとううことよりも、家族の思惑以上に小規模で契約し、それを遺族が悲しむということの方が多く見られます。生前にある程度の話し合いを行い、理解を得ておくことは不可欠です。また業者選びによって、もめることになってしまったということも見られます。業者が生前に契約していた時点での費用よりも、その時の社会情勢などもあって追加料金を求めてきたというケースもあります。

あるy程度の費用差ならば範疇であっても、想像以上の追加費用であればその捻出に遺族は困ります。そういった問題は不安定な世の中ですから、起こり得ることです。その時の対応をどのようにするのか、生前契約の時点で確認しておくことが必要です。しかし契約は難しいもので、ありとあらゆる面を想定して疑問を持ち、相手に尋ねることが必要です。

それができない場合、問題を遺族に負わせることになるかもしれません。そこに不安材料があるならば、やはリ契約前に遺族となる家族にも立ち会ってもらうなどの配慮も行うべきでしょう。喪服のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です