お通夜とお葬式の違い

お葬式とお通夜はその趣旨が異なります。お通夜はまた故人が息を吹き返すことを願って、また死者に邪霊が入り込むを防ぐためにと終夜死者とともに過ごす儀式です。お葬式は僧侶によって引導を渡すことで成仏に導くための儀式です。その趣旨の違いから本来ならどちらか一方にだけ参列するというのは正しいこととは言えません。

ただ、最近は親交が深かった場合には両方に参列するものの、遠い関係の場合にはお葬式よりもお通夜のみに参列することのほうが多くなっています。お通夜は夕方からなので仕事帰りにも参列しやすく、短い時間で済むからです。仕事帰りに立ち寄る場合にはネクタイの色は黒に付け替えるようにしましょう。どちらにも参列する場合に香典は1回のみというのが基本です。

お見舞いとして渡すもののため繰り返し渡すのは縁起が悪いからです。お通夜とお葬式のどちらで渡すかは地域によって異なるのでそこのしきたりを調べておくようにしましょう。お通夜は故人の家族と近親者だけで、お葬式のほうに一般の方が参列するという習慣のところもあります。最近は家族葬といって葬儀も含めて家族だけで行なう場合もありますし、通夜や葬儀をせずに火葬だけ行なう直葬という形も出てきています。

菩提寺があり、親戚や隣近所との親交も深かった昔と違い、仕事を退職してしまうと社会との関係性が薄れてくるとともに、宗教に対するかかわりも減ってきている現在、葬儀の形もどんどん変わっていっているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です