お葬式の際の服装について

お葬式のマナーは地域や宗教・宗派により異なりますので、参列する場合にはあらかじめ確認するようにすることが帯越になります。日本で最も多く行われているのが、仏式葬儀と呼ばれるものであり、約9割はこのスタイルであると言われています。お葬式の際の服装としては、男性の場合であれば、ダークスーツに白のシャツ、ネクタイ・靴下・靴は黒に統一するのが一般的です。アクセサリーなどは着用しないようにしましょう。

シャツ・靴下は柄物は避けるようにし、ネクタイピンや胸ポケットのハンカチ等は身に付けないようにします。女性の場合には、肌の露出の少ない地味な平服が基本です。男性と同様、派手なアクセサリーなどは身に付けないようにしましょう。肌の露出は出来るだけ避けるべきですので、素足ではなく黒もしくは肌色のストッキングを履くようにします。

なお、アクセサリーについては、パールのネックレスなど目立たないものであれば、身に付けても構いませんが、2連のものは弔事が重なることを連想させるため、避けるようにしましょう。子供がお葬式に参列するという場合には、学校の制服があるという場合には制服での参加、そうでない場合には派手ではない服装で参列するようにしましょう。いずれの場合も、殺生を連想させるような毛皮製もしくはフェイクファー製のものは避けたほうが無難でしょう。最近では、略式喪服が販売されていますので、それらを身に着けるということが多いようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です