葬儀費用は縮小化傾向

葬儀費用と言うのは相場があって無いようなもので、かけ方によって経費にはものすごい差が出ます。最近話題になっている家族葬だと、通夜、告別式含めて50万円台で済む場合があります。更に祭壇を極端に切り詰め20万円台で済ませるところもあります。また、最近は通夜、告別式を行わず、火葬のみで済ませるというケースも登場しました。

宗教色を排除して住職の読経も要らないと言う家族葬もあります。多数の焼香客が集まる場合はそれなりの体裁、準備といった費用がかかりますので、費用も高くなりますが、大型では、400人前後の焼香客を見込んだ場合500万円ほどかかると言われています。最近は芸能人など派手な職業の人でも、葬儀は家族葬で済ませるケースが多く、後でお別れ会的なものが行われることがありますが、これは葬儀とは切り離して行われます。葬儀の簡略化は、これからも進むことが予想され、家族葬が一般的なものになる傾向はさらに強くなるでしょう。

一人暮らし高齢者が誰にも看取られず、一人静かに亡くなった場合、葬儀費用は誰が負担するのかと言う新しい問題もあり、従来のように「あってないような葬式相場」という考え方は通用しなくなりました。このため、たち日、49日、100カ日といった法事も省略するところが増えています。最近は派手な飾り付けをした霊柩車が団地内を走ることを拒否すると言う団地もあり、葬式の考え方も従来とは大きく変わってきています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です