葬儀の際の服装についての相談

葬儀の相談で多く寄せられるものの一つに服装があります。遺族とその親族の服装については、以前と今とでは正式な服装に対する見方が異なってきました。昔は正式礼装を着用するのがマナーとみなされていました。しかし、男の人の場合今では略式の礼装で葬儀に臨むことが普通になっています。

女性の場合の正式礼装は洋装、そして葬儀においては、和装にするのがマナーとされていましたが、今では葬儀でも洋装にしている方がほとんどです。参列者の場合、どのような服装が良いのかというも相談は少なくありません。葬儀では準礼装にすることが多くなっています。準礼装とは、ある程度流行のデザインを取り入れた服装のことです。

ある程度の流行といっても、常識的な範囲内で選択する必要があります。ブラックスーツやアンサンブルスーツなどがおすすめです。女性の場合はネックレスをつけるならば、白パールが基本です。涙を連想させるものとなりますので、その場にふさわしいアクセサリです。

イヤリングでも構いませんが、その場合には一粒タイプにします。アクセサリーはネックレスかイヤリングどちらかを身につけます。避けるべきものとしてはダイヤやピンクのパールなど華やかなものです。それらはその場にそぐいませんので避けるようにします。

また二連のネックレスも絶対に避けるようにしなければなりません。それは不幸が重なるという意味になります。急な場合で服装を準備できないなら、どうしたら良いのかという相談も少なくありません。そのような場合には黒や濃紺のアンサンブル、黒いブラウスかスカートといった装いでも構いません。

そのように多少カジュアルなものでも良いことになっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です