ブラックフォーマルを選ぶ時のマナーについて

ブラックフォーマルとは、冠婚葬祭におけるあらゆる場面で着ることができるファッションのことです。手の甲が少し隠れるような袖丈にしたり、体のラインが出すぎないようにすることがルールなので、ブラックフォーマルを選ぶ際には、見ただけのイメージで購入することは避けて必ず試着をするようにしましょう。また、素材はキラキラと光るような材質は控える必要があるので、華美なイメージのあるサテン生地も選ばないほうが無難です。一緒に合わせる靴やカバンも華美なものは避けて、黒を基調とした控えめなデザインで揃えます。

メイクはナチュラルメイクを基本として、アクセサリーは涙の象徴とされるパールと結婚指輪以外は身に付けないようにしましょう。一方、ブラックフォーマルをお通夜や告別式などに着る喪服として活用する場合には、さらにさまざまなマナーを守らないといけません。喪服には喪主と三等親までの親族が着用する正喪服、正喪服の次に格式がある準喪服、喪主サイドから平服を指定された時の略喪服があるので、違いを知っておくことが必要です。最も多く着る機会のあるのが準喪服で、ワンピースをはじめ、アンサンブル、スーツなどから選べます。

略喪服はお通夜などで着る人も増えていますが、黒以外に紺やグレーのワンピースなども含まれるので、ブラックフォーマルのカテゴリーからは外れます。通常は準喪服に該当するブラックフォーマルを用意しておくと、使い勝手もよくて安心です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です