ブラックフォーマルを選ぶ時のマナー

ブラックフォーマルは、冠婚葬祭行事に着ていくのにふさわしい黒を基調とした装いの総称です。お通夜やお葬式などに着ることを限定している喪服とは異なり、悲しい場面だけではなく、お祝いの席や改まった席などで着られる洋服のことを表しています。一方で、入学式、結婚式、卒業式などでも広く公の場で着る装いであることから、一定のマナーを守ることが大切です。全身が全て黒で統一されたファッションであることをはじめ、必要以上に体のラインが出ないようにすること、できるだけ肌を露出させないこと、華美になりすぎないことなどが暗黙のルールとなっています。

そのほかにも、スカートやジャケットの丈が短すぎるものやタイトスカートなども避けるようにして、どのような公の場でも恥ずかしくないブラックフォーマルを選ぶようにしましょう。ブラックフォーマルを着る時には、一緒に身に付ける小物にも気を配ることが必要です。ブラックフォーマルを着ている時の靴やカバンは基本的に黒のものを選び、殺生をイメージさせるようなクロコダイルなどの本革は避けた方が無難でしょう。また、バッグについては光沢や艶が多すぎるものは控えるのと同時に、ショルダーバッグは使用しないのがマナーです。

さらに、ブラックフォーマルの装いに合わせるメイクは派手にならないように気を付けて、ラメやグロスを使わずに、ナチュラルでシンプルなメイクを心掛けるようにすると品が良く見えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です