ブラックフォーマルの特徴と選ぶポイント

冠婚葬祭の時に着るブラックフォーマルは改まった席に適している服装です。礼服や喪服と同じものを指していることもありますが、必ずしも喪服として着用することができるものばかりではないところに違いがあります。ブラックフォーマルのなかには喪服に適しているものもあれば、お祝いの席で着用することができるものあるのです。とはいえブラックフォーマルといえば喪服という考えを持っている人が多く、売られているものも実際喪服として使用できるものである場合が多くあります。

しかし正喪服として向かないものもあるので、購入する際にはデザインや色などに注意しておいたほうが良いでしょう。冠婚葬祭に使用できるブラックフォーマルは普段着とは違った、格式のある印象の服です。黒い色をしているところに特徴があります。色は黒といっても、普段着で着ることが多いものよりもより濃く漆黒といって良い色合いです。

お葬式で着用するのなら、艶のない生地を使用した控えめなデザインのブラックフォーマルが向いています。結婚式で着用するのなら、喪服に見えてしまわないようなものを選ぶ必要があります。しかし近年では、弔事と慶事のどちらでも着用することができるタイプの商品も登場しているようです。1枚で慶弔どちらでも兼用できれば便利であるといえるでしょう。

とはいえデザインや素材によっては、略喪服や準喪服にあたるものになることもある点は知っておきたいところです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です