ブラックフォーマルの特徴とマナー

ブラックフォーマルは黒い色をしている礼服で、普段着の黒いスーツとは違ったより濃い黒色をしているのが特徴です。質の良さが感じられる素材が使われていることが多く、普段着よりも格式があります。急に必要になることも多いので、普段から用意しておくといざという時に慌てなくて済みます。ブラックフォーマルは、色が漆黒で艶のない生地が使われているのが特徴です。

喪服で使用できるものはそのような生地を使用していて、体のラインを強調しない控えめなデザインとなっているものです。さらに肌の露出が最低限である点も、喪服として使用できるブラックフォーマルの特徴に挙げられます。しかし最近では、喪服に使用するだけでなくお祝い事の席でも使用できるとされているものも売られるようになりました。このタイプは1枚持っていれば、お葬式から結婚式にまで使用することができるのです。

できれば冠婚葬祭を1枚で着まわして対応したい、と考える人もいるのではないでしょうか。葬式から結婚式までに使用できる服は、ミニマリストにとって嬉しいブラックフォーマルといえそうです。ブラックフォーマルを選ぶ際にはいくつかのマナーのポイントに合っているものを選ぶことが大切になります。黒で統一することをはじめとしてあまり肌を露出しないもの体のラインが出ないもの、さらに見る人に殺生をイメージさせるようなものも避けるのがルールです。

毛皮や革製品は避ける必要があるといえるでしょう。ブラックフォーマルのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です