家族葬や自由葬によるお葬式

自分がまだ生きているうちに終活の一つとして自分自身のお葬式を準備しておく方も多くなっています。近頃は都市に人口が集中して、近所の人と交流する機会も少なくなり、お葬式は小さな規模で執り行なったり、宗教儀礼にこだわらない形式のお葬式が執り行なわれる傾向があります。その傾向に伴い、葬儀の形式も多様化してきていることあって、色々な種類の葬儀プランや形式が現われています。近頃は、家族葬に注目が集まっていて、家族葬を選ぶ方が多くなってきています。

家族葬は、葬儀が済むまで親族など故人と生前にごく親しかった人以外には亡くなったという訃報を知らせないで、親族など故人と生前にごく親しかった人たちだけが参列して執り行なうお葬式のことです。家族葬に参列する人数は故人の遺族や親族、生前に親しくしていた友人などだけになるので少なくなります。家族葬の流れは一般的な葬儀と違いがないということが特徴になります。そして、近頃多くなって来ているのが、無宗教の形式で自由な演出で執り行なう自由葬になります。

故人の個性に合わせたお葬式をあげること望んでいる遺族の方たちを癒やすという目的にも応えてくれます。自由葬の形態には色々な形式があります。故人が、まだ生きていたときに好きであった料理をメニューに加えた料理を振舞ったり、故人が生前に好きだった音楽を生演奏で演奏したり、メモリアルコーナーを作って故人の生き様を演出したりといった演出をする葬儀も自由葬の一つです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です