故人と遺族にとってのお葬式の意味

人は誰でもいつかは他界します。葬式やお通夜の主人公はすでに故人なので、遺族の経済的負担や、参列者の時間などを節約することができる、密葬や家族葬、個葬のような見送り方も定着していますが、葬式自体を営むことによって受けられる恩恵にも注目する価値があります。葬式や通夜の最中は、故人に最も近い親族である喪主にとって、式典を執り行うことや参列者への接待、費用の整理など、するべきことが山積みですが、その忙しさに追われることで悲しみを和らげてくれる効果があります。また、葬式には、個人の親族はもちろん、会社関係やプライベートなど、あらゆる交友関係の人々が一堂に会します。

普段は、仕事関係の人脈と、趣味を通じた知人など、接点がなかった人が一堂に会して故人を偲ぶことで、新しいつながり、絆が生まれることもあります。葬儀は、遺族が亡くなった人を偲びながら見送る儀式であると同時に、故人が自分にゆかりのある人を一か所に集めて結びつける、最初で最後の機会であり、遺族への最後の贈り物の役割を持っています。経済的な合理性を追求したり、故人にとっては遺族の負担や、参列者の時間を割いてもらうことへの遠慮から、葬儀は簡素なものを良しとするのは、多くの人が都市部に進出して、出身地を離れることが多くなった現代の流れですが、だからこそ、親族を始め、ゆかりの人々を一堂に結びつける、故人からの贈り物に注目をする、視点の変化も効果的です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です