葬式の前に遺族が準備しておくことは

葬式は宗教上のしきたりや地域の風習が絡むことから、素人がおこなうのはなかなか困難です。もっとも現在はどの地域にも葬儀社が存在していますので、そこに依頼すればほとんどすべてのことを任せることができます。とはいえ遺族が何もしなくていいわけではありません。葬式を行うにあたっては、遺族として決定しなければいけないことも多々あります。

まず遺族として決めなければいけないことは喪主の選定です。通常は喪主は配偶者がなり、配偶者が存在しない場合は長男など血縁の濃い人が務めます。ただ喪主となる人はその後の回忌法要などの仏事も主宰しなければいけないため、それなりの人を選ぶ必要があります。喪主が決まれば、次は葬式の内容や形式を決めなければいけません。

まず仏式、神式、キリスト教式など、どの宗教形式にするかを決定します。仏式にするのであれば宗派を確認しなければいけませんので、わからない場合は本家など親族の詳しい人に確認しておきましょう。また最近は無宗教の形式を選択する人も増えていますが、故人の意思が明確に示されている場合はともかく、そうでない場合は親族間でのトラブルを招きがちですので、実行するのであれば事前にしっかりと話し合っておきましょう。続いて葬式の規模や日程を決めます。

これは葬儀社の担当者や読経を依頼する寺院側と話し合って決定します。葬式は規模によって費用が大きく異なりますので、負担になりすぎないように慎重に検討しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です