今や人間と同じペットの葬式

ペットが家族という感覚は昨今では常識になりつつあります。そして、葬式においても、今では人間と同じように執り行なう所が増えているのです。簡単なものであっても火葬や納骨といった一連の流れは常識になっており、ペット霊園を利用するのは最早ペットのいる家庭では当然と考える人も少なくありません。ペットの遺影を飾り、四十九日や一周忌法要なども執り行なう飼い主が増えているのです。

そして最近葬儀会社でも様々なプランを提案しています。中でも人間と全く同じ会葬者を迎えての本格的な葬式は、利用者も増えている傾向がみられます。香典の受付から弔電に至るまで、生前ペットと親しくしていた知人や友人なども参列するといったものです。こうしたペットの葬式は年々需要を伸ばしており、人間の葬式とは違い、ペットのいる家庭では十分な弔いを考える人が多い傾向がうかがえます。

さらに最近増えており、注目を集めているのが、ペットと一緒に入れる霊園といったものです。これはペットを飼っている人であれば多くの人が望んでいるというものでありながら、従来の霊園ではペットは一緒に納骨出来ないという事情を上手く解消した新しい霊園として人気を得ています。こうした弔いやお墓のあり方は、人々のライフスタイルや価値観、家族の変化に合わせて多種多様な時代を反映しているものの一つではないでしょうか。しかし、死んだ後も大切な家族とともに眠りたいという思いは、いつの時代も変わらないと言えそうです。

ブラックフォーマルのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です