葬式もシンプルな時代

葬式というのは、誰でも必要なものであり、また突然ということもあって、実際に直面すると困ってしまう人が多いと思います。特に、長年続く不況の中では、家族の突然の死には十分な蓄えが用意できない場合も珍しくありません。最近は非常にシンプルな葬式も増え、その種類や方法も実に多岐に渡っています。特に日本の葬式の場合は、昔は非常に費用がかかることでも知られていました。

僧侶へのお布施や戒名は勿論、葬儀場の手配や使用料、弔問客への通夜振る舞いや精進落としといった料理など、施主は時間の無い中で考える間もないまま費用も嵩んでいくといったことも珍しく無かったのです。しかし、近年では本当に数人の家族だけで行う家族葬や、限られた近親者だけのシンプルなプランも増えています。費用も棺や骨壺、送迎などの最低限のものであれば数万円といったものから、もっと多くの予算や会葬者を希望する場合のプランもあり、費用も非常に明確になっています。会葬者への料理や僧侶へのお布施や卒塔婆代なども盛り込まれているプランもあり、従来の施主の気持ちによるお布施と違い、非常に安価で分かりやすく、需要を伸ばしています。

葬式のあり方については、まだまだ様々な論議が出ている傾向にはありますが、個人を弔うという基本的な姿勢は十分配慮されたこういったシンプルで明確なプランは、むしろ時代に合った家族にも個人にも優しい本来の送り方であると言えるのではないでしょうか。喪服のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です