日本における一連の葬式について

人が亡くなると、故人とその遺族や友人がお別れをするための一連の儀式が行われます。これを葬式とよびます。葬式の手順や細かい内容に厳密な決まりはありませんが、地域や宗教によりいろいろな違いがあります。日本では仏教の形式で行われることが多く、お通夜・告別式・火葬が中心的な儀式です。

人が亡くなり、医師により死亡の告知がされると、近日中にお通夜が行われます。これは告別式の前段階にあたる儀式で、お通夜にのみ参列する関係者も多くいます。昔は夜通し行われる儀式でしたが、現代ではあまり遅くまではやらない例が多いようです。お通夜の翌日に行われることが多いのが告別式で、ここが最も重要な儀式といえます。

親族や特に親しかった友人が参列し、僧侶によるお経もあげられます。告別式のあとは火葬です。葬式の形態はいろいろありますが、日本では最後に火葬が行われるのが通例です。火葬の終了をもって、葬式の大きな区切りとなります。

ここまでが葬儀全体のよくある流れですが、近年では経済的・宗教的な理由でシンプルな葬儀を望む声も出てきました。この場合、お通夜や告別式の飾りを簡略化したり、参列者を親族のみに限定したり、お通夜や告別式をせずに火葬のみを行う場合などがあります。菩提寺や葬儀を行う業者とよく相談すれば、間違いのない葬式を行うことができます。しかし、最も大切なことは故人の冥福を祈ることであり、遺族が気持ちよくお別れをすることです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です