お葬式の後の請求書を見てあわてないために

お葬式に掛かる費用については、なかなか知ることができない面があります。誰だって死んだ時に備えて…というようには考えませんからね。しかし、いざという時に知っておかないと、「お葬儀屋さんに全て任せていたらとんでもない金額の請求書が…」となってしまいます。そんな事態にならないように、少しだけお葬式のことを考えて見ましょう。

まず、お葬式の構成を費用の面から大きく分けると、葬儀一式、寺院に掛かる費用、飲食費用、となっています。そして、これらの合計は、一般的には、約200万円ほどになります。金額を示すとそれぞれ、約122万円、約44万円、約35万円となっています。これらを、全てお葬儀屋さんに一任してしまうと最初に述べた金額が掛かってしまいます。

では、これを少しでも抑えるためにはどうすればいいでしょうか。先ず第一に、どんなお葬式をしたいのかを明確にすることです。大勢の人を呼んで、広い会場で行うならば、当然費用は掛かります。反対に、葬儀は近親者だけで、自宅で行うことができる。

という条件であれば、それだけで、数十万円違ってくるはずです。また、飲食に掛かる費用も抑えられます。次に、寺院に納める費用ですが、お経をあげてもらうだけであれば一般的には5万円~15万円ほどでいいはずです。また、最近は、お葬儀屋さんに相談すれば一律定額でお世話してくれるところもあります。

こだわりなどが無ければここでも費用は抑えられます。最後に、お見積の際にあらかじめだせる金額を提示しておくことも有効です。お葬儀屋さんもなるべく提示された金額で利益が出るようにプランを立ててくれるはずです。いずれにせよ大切なのは、事前に規模や、予算などを明確に伝えて準備をしておくということでしょう。

なぜなら、いざ、お葬儀が必要になった時にお願いすれば、必ず足元をみられるからです。そんなことにならないように、少しづつでも備えておけば安心です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です